登校拒否と息子

最近、ニュースでも陰湿ないじめに関するものが多い。色々と理由はあるだろうが、人が誰かを傷つけて良いなんてことは言語道断だ。

俺は例え家庭内カーストの最下層であっても、こうしたことについてだけはカーストなんてクソくらえ、嫁のバラモンなんて怖くなくなるのだ。

 

そのせいか、この手の相談の時だけ嫁は俺に対して下手に出る。本当に丁寧な嫁になるのだ。現状は嫁の急な変化に驚くことが多いが、いずれは常にこうなるのだ、と言い聞かせている。

 

そんな不思議な現象が、昨日もあった。嫁曰く、息子と仲が良かった友人がここ2週間ほど学校に来ていないらしい。

 

何が原因かは分からない。その直前までその子はうちに来て息子と楽しく遊んでいたし、息子の様子も変ではなかった。

 

俺はいろんなことを考えていた。その子の登校拒否の原因がもし息子にあるものだったらどうしようとか、自分の教育が未熟だったからなのかとか・・・。

 

でもその不安は息子からの相談で杞憂となった。嫁からの相談の後、息子からも同じような話を聞いたのだ。

 

どうやら、息子は友人の変化には気付いていたものの、どうして良いか分からなかったらしい。だから、これまで通りの関係を続けていた、と。

 

息子も立派に育っているんだな、俺は息子を誇りに思った。息子には俺なりの思いを伝えておいた。

 

しかし、身近な友人がこうなってしまうと息子の心にも影響があるだろうなと心配になった。

 

もしもの時のことを考えて、無駄になっても構わないから対処の手を用意しておかねば。こうなると俺は勝手に動く。色々と登校拒否について調べた。

 

その中で、俺はこのサイトの情報を参考として自分の頭に入れておくことにした。

 

俺はこのサイトを参考にすることにした。

 

昔は人間関係の形成が苦手な子に対して、ガキ大将のような子が引っ張ってくれたイメージだが、今は個性を大事にってのが影響したのか孤立する子に救いの手が出ていないように感じる。

 

現代の子供の人間関係は、我々大人が思っているよりも複雑なのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です