マイルを使って旅行を達成する

俺の家族は旅行が好きだ。俺自身も旅行が好きだから、家族旅行にはよく行っていた。子供たちが小学生の頃までかな。

その頃は俺の地位や威厳がまだあった頃だったから、まだまだ旅先の決定権もあった。俺は日本海側が好きだったから、北陸新幹線ができる前から金沢まで行ったり、福井の方に行くのが恒例だった。

 

しかし、最近はみんなやれ沖縄だのやれ北海道などばっかり言う。なのに自分たちでお金を出したりすることはない。

 

計画ひとつをするにしても意見がまとまらないし、折衷案を出そうとしてもそれは握りつぶされてごみ箱に捨てられるのだ。・・・カースト恐るべし。

 

そしたらもう自分一人で行くとかしか方法ないのかな。しかし俺にはお金の権限がない。どうしよう。これはマイルを貯める方法を考えるか。

 

マイルを貯める方法はいくつかあるみたいだが、俺の生活スタイルから考えるとJALカードSuicaがよさそうだ。通勤には電車を使うし、カードを作っても会社の方針だと言えば問題ないだろう。俺は仕事の関係上、飛行機で地方の支店に行くことが多い。

 

そういう流れでマイルを貯めてしまえば北海道や沖縄だって行ける。俺の権利だから誰も文句は言えないだろう。お土産くらいは買ってくるさ。

 

そんなことを考えながら調べていると、どうやら最初からマイルをたくさんもらう方法があるらしい。そんなお得な制度があるのか。世の中も俺の見方をしてくれているのだろうか?

 

そんなことはないのは分かっているのだが、なんだかウキウキしている自分がいるのが新鮮だ。そんな感覚を持ちながら調べていると、どうやらこのJALカードSuicaを作るとき、ポイントサイトを経由して発行することがカギのようだ。

 

JALカードSuicaを発行する際、マイルをたくさんもらう方法はここで知った

 

この方法でマイルをがっつり貯めて俺の威厳をみんなに示すきっかけにしてやるぞ!そして来年はおひとりバカンスを楽しむのだ!

肩こり腰痛を言い訳にしたくはないが・・・

俺も中年ど真ん中だ。肩こりや腰痛とはもう長い付き合いになる。家に帰ってソファーに座ると、ついつい「あーっ」と言いながら肩や腰をさすってしまう。その姿を見た妻や娘は冷ややかな目で「ジジくさっ」と言ってくる。

こっちだって好きで肩や腰を痛めているわけではない。家族を養うため、どんなに肩が凝り固まろうとも、腰を痛めてしまうほど座りっぱなしでも仕事を辞めないのだ。

 

妻はよく毎日の家事で肩や腰が痛いと言う。その口調はいかにも自分の方が重労働をしている、それなのにあなたが肩や腰が痛いとか言うのは怠けている、という言葉が裏にあるようだ。

 

俺は家事の仕事が楽だとか簡単だとか言うつもりは毛頭ない。俺は料理がそんなにできないし、洗濯ものを畳むのもうまくはない。自分ができないことをきっちりやってくれる妻を尊敬する部分だ。なのに妻は俺の仕事を楽そうの一言で片づけようとするから許しがたく思うのだ。

 

妻はパソコンで作業をすることを簡単なもの、遊んでいるようなものだと考えているらしい。要するにゲームと同じようなものだと考えているようだ。

 

妻よ、その話は絶対に外で披露しないでくれ・・・世間知らず丸出しになるぞ。しかも、自分の好きな人とだけ付き合えばそれで良いなんてもんじゃないんだぞ。そういう面を考えずに楽だというなら一度やってみろよ!

 

だが、ここで妻への不満を書いたところでこの状況が改善するわけでもないし、何も変わらない。とにかく、俺の肩こりと腰痛を何とかしたい。

 

病院に行って治療してもらうのもひとつの方法だが、他に方法はないものか。肩こりや腰痛は中年病とでも呼べそうなものだから、苦しんでいる人も多いだろう。案外ネットで良い答えを得られるんじゃないだろうか?なおす方法って見つかるんじゃないだろうか。

 

その目論見は当たった。肩こりや腰痛をなおす方法について、よさげなサイトを見つけた。

 

肩こり腰痛をなおす方法はここを参照にした。

 

肩こり腰痛とおさらばして、俺に愚痴をいう妻や娘をしっかり見返してやる。