miwa のすべての投稿

登校拒否と息子

最近、ニュースでも陰湿ないじめに関するものが多い。色々と理由はあるだろうが、人が誰かを傷つけて良いなんてことは言語道断だ。

俺は例え家庭内カーストの最下層であっても、こうしたことについてだけはカーストなんてクソくらえ、嫁のバラモンなんて怖くなくなるのだ。

 

そのせいか、この手の相談の時だけ嫁は俺に対して下手に出る。本当に丁寧な嫁になるのだ。現状は嫁の急な変化に驚くことが多いが、いずれは常にこうなるのだ、と言い聞かせている。

 

そんな不思議な現象が、昨日もあった。嫁曰く、息子と仲が良かった友人がここ2週間ほど学校に来ていないらしい。

 

何が原因かは分からない。その直前までその子はうちに来て息子と楽しく遊んでいたし、息子の様子も変ではなかった。

 

俺はいろんなことを考えていた。その子の登校拒否の原因がもし息子にあるものだったらどうしようとか、自分の教育が未熟だったからなのかとか・・・。

 

でもその不安は息子からの相談で杞憂となった。嫁からの相談の後、息子からも同じような話を聞いたのだ。

 

どうやら、息子は友人の変化には気付いていたものの、どうして良いか分からなかったらしい。だから、これまで通りの関係を続けていた、と。

 

息子も立派に育っているんだな、俺は息子を誇りに思った。息子には俺なりの思いを伝えておいた。

 

しかし、身近な友人がこうなってしまうと息子の心にも影響があるだろうなと心配になった。

 

もしもの時のことを考えて、無駄になっても構わないから対処の手を用意しておかねば。こうなると俺は勝手に動く。色々と登校拒否について調べた。

 

その中で、俺はこのサイトの情報を参考として自分の頭に入れておくことにした。

 

俺はこのサイトを参考にすることにした。

 

昔は人間関係の形成が苦手な子に対して、ガキ大将のような子が引っ張ってくれたイメージだが、今は個性を大事にってのが影響したのか孤立する子に救いの手が出ていないように感じる。

 

現代の子供の人間関係は、我々大人が思っているよりも複雑なのかもしれない。

娘の美意識

娘と息子のリビングでの会話にふと耳をやる。どうやら娘が息子に女子と話すには、という奥義的な(?)ものを伝授していたらしい。

 

ほお、娘も姉らしいことするじゃないか、と思っていたのだが、娘の口から「あいつみたいにならないようにしないと、あんたも苦労するよ。」の言葉で我に返った。

娘よ、仮に俺の方が間違っていることについては謝ろう。そこに変なプライドはない。

だが、今のお前が言っていることには何の理由もない。ただの文句だ。

 

まあ良い、そんなことを考えながら話の続きを聞いてみる。娘が言うには、中学生くらいから女の子は美容に敏感になるから、その話題を押さえておけと言うものだった。

 

娘は高校生だから、毎月雑誌を買ってはメイクの研究に熱心だ。その熱意を学業に活かしてくれたらどれだけ嬉しいことか・・・。

 

そんな娘だが、最近はメイクが薄くなってきた気がする。流行の変化かな、と思っていたが、どうやら違うようだ。

 

娘は嫁と美容の話を良くしているが、妻が最近「肌断食」と言うものに力を入れているらしい。

 

肌断食?何だそれ?と思ったので、耳はそのままでスマホを使って調べてみた。肌断食とは単純に言えば「化粧を止める」と言うものらしい。

 

肌断食についてはこのサイトで知った。

 

肌断食で本来のハリや艶を取り戻そうとしているのだが、やはりそこは若さなのか嫁より娘に効果が出ているようだ。

 

嫁よ、お前はいつも美容やら健康に飛びついているが、結果が出ない理由を分かっているのか?ほとんどを3日坊主で終わらせているからだと気付いてくれ。

 

まあそんなことはさておき、肌断食という言葉は聞いたことがなかっただけに興味深かった。娘の美容への熱意も並々ならぬものだと認識した。

 

きっとこの凝り性な所は俺に似たんだろうなー。嫁の性格がもう少し大和撫子よりだったら・・・というのは叶わぬ夢だな。まあ良い、俺がカーストの頂点に立つ暁には後悔をすることになれば良いのだ。

イケメンは英語話せる説

どうして日本の中年はカッコよく見られないのか・・・。海外の中年男性はカッコよく見えるのに。納得いかないぜ。

 

当然だが、我が家の嫁や娘はジョニーデップとかにキャーキャー言う。レオナルド・ディカプリオにも黄色い声とハートマークの視線である。

一方、俺にはまるで空き缶を見るかのような冷たい視線である。20年前は違う目線じゃなかったのか??

 

やっぱりこの2人と俺との大きな差は身長なのか?いや、目の色?髪の色?そうだ、英語を話すという所ではないのか??

 

俺はあまりきれいな言葉づかいではないし、当然日本語しか話さない。もしかしたら、それが嫁や娘にはダサく見えているのじゃなかろうか。

 

俺が英語を流ちょうに使いこなしていれば、外国人と対等に話している姿を示すことが出来れば、俺の株は急上昇するんじゃないだろうか。

 

そういえば、昔家族旅行に行ったとき外国人に道を聞かれたけど、テンプレ通り狼狽したなー。あの時がちょうど嫁と娘の視線の変換期だったなー。

 

英会話を勉強すると言っても、英会話教室で成果が出るようなイメージはないし、留学とかかなー。海外出張ということにして留学できたら万々歳だなー。1~2か月で俺の小遣いのやりくりで何とかならんのか・・・

 

そんな希望を持っていたら、見つけた!フィリピンで留学できるらしい。値段も何とかなりそうだ。

 

フィリピンへの英語留学はここで知った。

 

うーん、魅力的だな。2ヶ月休むのはなかなか難しいが、会社のスキルアップ休暇制度に立候補する候補にはできるかもしれない。まずはそれに向けた起案書を同僚に協力してもらおう。

 

実際に行くことになっても、今の家庭内カーストだったら俺はいてもいなくても変わらない。こうなったら海外で友達も作って、遊びほうけつつ英語ペラペラになってやる!!

 

まずは夏服の整理をしておかねば。去年は家庭内カースト史上最悪の時期だったから、ボーナスの額は低めに申告してある。その残りは俺のへそくりなのだ。準備資金残しといてよかった。

 

目指せフィリピン!!

白髪との戦い

早いもので40代。幸いなことに髪が抜けることはなかったが、白髪が早い家系である。

俺も例に漏れず、きっちり白髪になり始めた。

坂本龍一みたくカッコよく白髪になれば良いのだが、現状は白髪交じりのくたびれたおっさん状態だ。

 

この状態を見て妻や娘が見下してくる。おっさんくさい、みっともないとか言いながら嘲笑してきやがる。

 

妻よ、お前は俺の稼ぎで毎月美容院に行ってるだろう。茶髪が似合うとか昔言われたことを引き合いに、白髪染めして隠しているのはどこのどいつだ!!

 

娘よ、お前は俺の家系の血が流れてるんだぞ。どうあがいたって30年後にはお前も俺と同じ状態になるんだ。その時に周りから同じようなこと言われても知らないぞ!!

 

・・・そんなことを頭の中で叫びながらグッと抑える俺。自分でもよく堪えられたなと驚きを隠せない。

これもカースト破壊の決意を固めたことが大きいんだろうな。

 

しかし、だ。白髪染めをするのは簡単なのだが、そんなことをしたら白髪染めしただの若作りだのでまた罵られるのがオチだ。

 

ここは穏便に白髪をなくす方法を考えなければ。

 

そんな時、とある昼休みの事だ。会社の食堂で昼ご飯を食べながら同僚と雑談している時、同課の同期女性からこんなことを聞いた。

 

「私、最近白髪が出てきちゃったんだよね。でも、最近白髪染め効果もあるシャンプーを使い始めたら、なかなかいい感じなのよー」

 

この発言に俺は乗っかった。何それ!?興味津々過ぎる!!俺は色々と彼女から情報を聞いた。

 

どうやらそのシャンプーは無添加らしく、肌が比較的弱めの俺にも優しそうな成分でできていた。

 

その時教えてもらった情報はこのサイトにまとめられていた。

 

家族にバレてしまうと色々と問題なので、同僚に頼んで受け取ってもらうように手配した。

 

後は家に持ち帰り自室で保管しつつ、風呂で使うのみだ。

 

俺の白髪の悩みはこれで解決する!!まあ、でも家族は俺に興味がないからなー。変化に気づくことはないだろう。

これがカースト崩壊につながるかは分からないが、俺のカースト崩壊はまだまだ続く。

借金地獄には絶対に落ちないぞ

家庭内カーストにおいて、借金は絶対にしてはいけない。これは鉄の掟だ。

会社の同僚に、ギャンブルに落ちて家庭内の居場所を失ったやつがいる。

 

彼は真面目な男だった。俺の知る限りでは、社内で真面目選手権を開催したら全国ベスト4には入ると思うほどの奴だった。

彼は結婚18年で中学生と小学生の娘を持つお父さんでもある。そんな彼がカーストの被害者となったのは上の娘さんが中学校に上がった頃。

 

思春期に突入した娘は、例に漏れることなく父を嫌い始める。きっかけは娘同士のケンカについて叱っている時だった。

 

これまでのように娘に対して叱っていると、急に反抗的な態度で反発してくる娘。本来なら、母がこのタイミングで父である彼の味方をすべきだった。

 

しかし、あろうことか母は娘の肩を持ち、一緒になって父に怒りを向けだしたのだ。こうなってしまっては、下の娘は母親につかざるを得なくなり、彼の家庭にカーストが生まれた。

 

それ以降、彼は家に帰りたがらなくなり、飲み歩くことが急に多くなった。最初は一時的家庭内不和だと思われていたが、本当は深かったのだ。

 

そうしているうちに、彼も資金が底をついてくる。そこで、彼は消費者金融で借金をするようになり、その借金を返済しようとギャンブルに手を出すという負のスパイラルに突入したのだ。

 

そんな話はうまくいく訳もなく、彼は借金を重ねてしまうこととなり、家庭ではより肩身が狭くなってしまったそうだ。

 

この話を聞いたとき、他人ごとではないなと思えてしまった。カーストの段階を上げる方法として、金銭力を身に付けようと考える人は多い。

 

しかし、この方法にギャンブルは御法度である。彼が良い例だ。消費者金融という泥沼に陥ってしまうのだから。

 

借金を返すためにまた借金をする。このスパイラルに入ったらなかなか抜け出せないほか、家庭内カーストの改善は不可能に近い。

 

そうならないために、借金をしないことが最優先事項だが、もし借金をしてしまった場合に備えての知識を蓄えておくことが必要である。

 

そんなことを調べていると、借金には時効があることを知った。もちろんそれを前提に借金をするのは良くないが、覚えておいて損はなさそうだ。

 

借金の時効に関する情報はここで仕入れた。

 

金の力で成り上がったとしても、成金のように効果は一時的なのかもしれない。

もう少し正統的な方法での復権を目指さなければ。

恐怖・・・家庭内カーストへ挑む

結婚して早いもので22年。17歳の娘と14歳の息子がいる家庭という、一見するとそれなりの幸せを絵に描いたような家庭だと言われそうである。

しかし、俺の心境はそんなに安定しているわけではない。最近では学校カーストなるものが子供たちを悩ませているが、我々お父さんたちは「家庭内カースト」に悩まされているのだ。

このカーストに悩むお父さん方の多くが、カーストの頂点にお母さんが君臨しているパターン、いわゆる「かかあカースト」が多いのではないだろうか。

そもそもカースト制度とは、インドの身分制度である。 カースト制度は、バラモン(司祭)、クシャトリア(王族・武士)、ヴァイジャ(平民、一般市民)、シュードラ(奴隷)、アチュート(人間あつかいされない人々)からなる階級に分類される。

「かかあカースト」制度では、お母さんがバラモンに位置し、娘・息子はクシャトリアに位置していることが多い。そして、お父さんより先にペットの犬や猫がヴァイジャに位置されるのだ。お父さんは良くてシュードラ、通常アチュートに位置されていることがほとんどである。そう、お父さんはATMであり、空気であり、場所を取るだけの存在と認識される。

 

お母さんからは「稼ぎが少ない」と罵倒され、娘には「くさい、キモい、うざい」のコンビネーションパンチを食らう。息子には勝てない項目が増え、思春期特有の反抗期を押さえ込むことができない。

 

そしてペットには自分の定位置を奪われ、リビングでは端っこで目立たないように大人しくすることだけが許される世界なのである。

 

・・・寂しい、切なすぎるぞ!!

 

おい嫁!稼ぎが少ないって、大企業の部長をしている俺の給料じゃまだ足りないってのか!お前の欲はブラックホールなのか!?

 

おい娘と息子!お前らはどうして生活できているか考えたことはないのか?俺が汗水たらして稼いだお金で学校に行けたり友達と遊べるんだろ?お金のありがたみ分かってるのか!?

 

おいペット!俺が公園で拾った恩を忘れたのか?一番散歩も一緒に行ってるのに、どうして俺にだけなつかないんだ!?

 

・・・こんなことを言ってもむなしく響くだけである。大事なのは声の大きさや正統性ではない、かかあカーストにおいては地位が全てなのだ。

 

もちろん、自分に非がなかったかどうかについては考えた。原因があれば治すべきだと思ったし。でも、いくら考えても答えが出ない。

 

家族それぞれがどんどん調子に乗っているのが答えだと気付いた。

 

俺はこのカーストを覆してやろうと考えている。ぐうの音も出ないくらい、こいつらには後悔の念を抱かせてやる!俺のモチベーションは間違った方向へ行った気がするが、おかげで仕事も頑張れそうだ。

 

この気持ちがいつまで続くかは分からないが、続く限りはここに報告していこうと思っている。